屋号名 作成 屋号名 画数 屋号 姓名判断
屋号名と姓名判断

あまり知られていない屋号名に姓名判断を使う場合の注意点

新しく屋号名や社名を作る場合、姓名判断したりしていませんか?そこで、ネットの無料姓名判断サイトを使う場合もあるでしょう。今や検索すると沢山の無料姓名判断サイトや、社名作成サイトがあります。ただ、注意点としては「無料」というだけあって一番大事な部分が抜けているので、その点だけは注意しないといけません。

無料姓名判断サイト、無料社名作成サイトに無い重要なこととは?

無料姓名判断サイトや無料社名作成サイトが正しければ、皆吉の画数を選び事業は発展していくはずです。しかし、結果はそうではありませんよね。「なんだ、やっぱり姓名判断は意味ないんじゃん」という声が聞こえてきそうですが、そうではなく、適切な画数を選んでいない、もしくは、画数だけしか見ていないので良い結果にならないのです。

正しくは、良い画数を選ぶではなく、創業者に合わせるべきなのです。

事業を行う人は誰でしょう?画数が事業を行いますか?そうではありませんよね。今から事業を始めようとしている「あなた(創業者)」ですよね?なので、よく「職種・業種に合わせて画数を選ぶとよい」などのお話を聞きますが、そうではなく、創業者にとって良い画数を選ぶのが正しい画数の選び方なのです。無料姓名判断サイトや無料社名作成サイトが抜けているのはそこで、良い画数を割り出すことしかやっていないのでダメなのです。正しい姓名判断を使った屋号名・社名の作成は創業者にとって良い画数を使うべきなのです。

姓名判断だけではない!いつ登記するのかも重要

創業者に合わせ良い画数を使っただけではまだ運の良い屋号や社名にはなりません。というのは、いつオープン・登記するのかも重要だからです。オープンや登記日というのは、いわば事業の誕生日な訳です。せっかく選べるわけですから、明るく信頼され、新規開業にふさわしい日取りでもってオープン・登記する方が良いでしょう。わざわざ、暗く寂しい感じで、新規開業にふさわしくない日でオープン・登記する必要はない訳です。せっかく選べるのなら一番運気の良い状態で事業をスタートさせた方がいいですよね。ちなみに、明るく信頼される日は、姓名判断で「いつ」を割り出し、新規開業にふさわしい日は、陰陽五行、十干・十二支、十二建除・二十八宿を使い「いつ」を割り出します。

どうやって、自分に合った画数やいつ登記するのかを割り出す?

これは、実際に姓名判断を習うか、吉日の割り出し方を覚えるのが良いでしょう。とはいえ、なかなか覚えるのも時間がかかりますし、お金もそれなりにかかります。ですから、その道のプロが必ずいますので、プロの方にお願いするのが一番手っ取り早い解決方法です。お腹が痛いのに、整形外科に行きませんよね?髪を切りたいのに、歯医者に行きませんよね?お腹が痛い場合は内科ですし、髪を切る場合は美容室ですよね。こんな感じで必ず「その道の専門家」がいますので、専門家に相談しましょう。専門家であれば、自分に合った画数やいつ登記すれば良いのかを瞬時に割り出してくれます。

分からない場合は専門家を探すべき

そんな時は、私飛鳥宗佑が運営しているウェブサイト「占い屋ホシゾラ」に屋号名・社名作成というサービスがありますので、利用してみてはいかがでしょうか?このサービスを使えば自分に合った画数を使った屋号名・社名と、吉日でオープン・登記することが可能になります。つまりは、あなたの「屋号名が上手くできない」を解決し、「運の良い屋号名・社名」を得ることができます。専門家を探したがイマイチピンとくる人が見つからない場合は、占い屋ホシゾラを覗いてみて下さい。

屋号名・社名作成依頼

屋号名に使う画数は、何画にすべきか?
屋号名に使う画数は、何画にすべきか?これから屋号を作るあなた、画数が気になったりしませんか?よく、屋号名に使う画数は、総画数を六大吉数にすべしとか、〇〇画は製造業に向いてい...
社印の作成
社印を作成しようと思いますが、どんな社印が吉相?社名が決まったから、社印を作ろうと考えていませんか?色々なタイプがあるので、迷うところですが、社印にも吉相と凶相があります。吉相の社印を...

ビジネスネームに興味ある方はこちらから

ABOUT ME
飛鳥 宗佑
飛鳥 宗佑
飛鳥宗佑は、姓名判断の専門家です。2014年9月11日から今まで私が作成してきた屋号・社名は全て続いています。(2020年1月1日現在)あなたに開運できる屋号名を作成致します。