個人的な思想・考え

他人に惑わされるな!

サラリーマンとして、一言アドバイスするのなら、僕は

(飛鳥宗佑はビジネスネームで、生活の半分以上はサラリーマンとして過ごしている)

他人に惑わされるな

と言いたいです。

 

まずは、僕が社内の昇格試験を受けた時の話です。(2018年頃のお話)

 

凡そ周囲の意見は、

前年の人事評価がA以上じゃないと受からない。

だから、それ以下の評価の場合は試験を受けるだけ無駄。

でも、上司は「なんで試験受けないんだ」と言う始末。

大半の先輩方は、どうせうちの会社は・・・みたいな風潮だった。

 

でも、僕はまだ30代半ばだからこれからのし上がっていきたい方。

ポジションが詰まってる隙間を潜り抜け、

年収を上げ、影響力を強めたいのだ。

どけ、ジジい。俺が次の店長じゃい!

 

と強気の姿勢を内に秘めつつも、

僕の人事評価はB+でAには届いていなかった。

 

受験資格は得ているのだが、受かる見込みは無し・・だよなぁ。

 

背水の陣的な僕は開き直って

普段はなかなか言えないけど、取締役との面接で

自分の思っているビジネス感とか、

副業として個人事業をやっている観点から

洗いざらい普段は言えない想いを吐き出した。

 

そしたら「あいつは言いたい事が言える凄いヤツ」

と取締役の方々に映ったらしく、

前年人事評価Aじゃないと合格できない説をくつがえし、

前年人事評価B+の僕だけど、見事合格したのである。

 

しまいには、面接後人事部の人から

いや~〇〇事業部にこんなにすごい人が居ると思わなかったよ

とまで言われた。

「あぁそうですか」が内心正直なところだったけど、

ありがとうございます!と言った。

 

まぁあまり周りの評価とか、

アドバイスは気にしない方が良いですよ!

本当に真に親身になってアドバイスしてくれる人は、

100人に1人いるかどうかの割合だと思いますよ。

ただし、自分の他人の言動の捉え方にもよりますけど。

 

 

話はとんで、2014年僕は「占い屋ホシゾラ」

という屋号を立ち上げようと思った。

タロットを引いてひねり出した自作の屋号名。

当時は検索しても何にも引っ掛からなかったオンリーワンの屋号名である。

自分的には「Mr.children」に匹敵するぐらいの

渾身の屋号名ができたという感覚と手応えがあった。

ゼッてぇ売れんだろう!!

 

満を持して嫁に

「これどう?」

と聞いた。

「なにこれ?ダさぁ」

あっけなく一言で蹴散らされた。

 

しかし、まぁどうだろう?

普通の男なら、というか最近の男子?なら

「嫁が賛同してくれないなら、止めた」

とかなるんですかね?

 

もしくは、デキル男は

ちゃんと「YES」と言われるタイミングで、

「YES」と言わせるようなシチュエーションを

用意するんでしょうかねぇ?

ちなみに、僕は思い立ったらすぐ行動に

移すほうなのでいきなり聞きましたけど・・・

 

でも、僕は蹴散らされたけど「やろう!!」と決めた。

他人になんて言われようと関係ない。

決めるのは自分なのだ。

他人なんて、所詮・・・

 

結果は、今僕はサラリーマンとして割と早いスピードで

出世できていますし、

占い屋ホシゾラも順調に成長し、

僕の年収の50%ほどを上げてくれる存在に成長した。

 

まぁこの話が全てであると思わないし、

正解だとは思わない。

そして、僕は「同期」という言葉が嫌いだし、

文面から察したと思うけど、あまり人と群れるのが好きじゃない。

恐らく、コミュニケーション能力は少し人より要領が悪い方だと思う。

こうして一人で黙々と仕事をする方が気が楽だし。

 

ただ、この「他人に惑わされるな」という言葉が、

誰か遠い一人の人に届いてくれると嬉しく思います。

特に、今どうしようと一人で迷っている人に届いてくれるといいなと思います。

あえて他人の意見を無視する

この言葉があなたの人生を変えるきっかけになれば嬉しいです。

 

僕は、周りの意見やアドバイスを無視して

「飛鳥宗佑」

「占い屋ホシゾラ」

で社内では年収が良い部類に入っています。

 

もし、あなたが今他人の意見に埋もれて

何かを決めれないのであれば

一先ず無視しましょう。

どうせ決めるのは自分ですから、

他人を軸に生きるのは止めましょう。

自分に近い人で良かれと思って言っていることも、

裏を返せば無責任、他人の事だから好き放題言えるかもしんないけど、

最後に決めるのは自分ですから。

良い意味でも、一回一人になりましょう。

 

その他あわせて読みたい記事
ザーザー降りの雨、雷が鳴っていた開業届け。話はさかのぼり、2013年夏。 5月に姓名判断を習い終えた僕は、自分でビジネスネームを作った。 「飛鳥宗佑」 自分で言...
あぁなんかもっと上にあがりてぇ~なんかもっと上にあがりてぇ~って感覚ありませんか?会社に内緒で派遣のバイトをしていて僕が、姓名判断を習って屋号をかかげ、収入を増やしていく物語です。...
おススメのサービス
ABOUT ME
飛鳥 宗佑
飛鳥宗佑は、姓名判断の専門家です。2014年9月11日から今まで私が作成してきた屋号・社名は全て続いています。(2020年1月1日現在)あなたに開運できる屋号名を作成致します。