社印について

社印を作成しようと思いますが、どんな社印が吉相?

社印の作成

社名が決まったから、社印を作ろうと考えていませんか?色々なタイプがあるので、迷うところですが、社印にも吉相と凶相があります。吉相の社印を使用すると会社は充実し、信用を得て発展します。凶相の社印を使用すると、信用を失い事業の衰退を招きます。たかが「ハンコ」と思わず事業を表す大切な社名が刻まれるものですから、良い社印を選びたいものです。

吉相の社印、凶相の社印

吉相の社印
縦・横24mmで角が丸い社印。材質は柘植吉、書体は、八方篆書体が吉。

凶相の社印
太枠・細字良い部下が育たない

代表者印

個人の実印に相当するもので、法務局で登録する極めて重要な印鑑。周囲(外側)に社名、内側に代表者名を入れた方が吉相ではある。ただ、だれが交代しても使えるように内側に「代表取締役之印」とするのも可。直径18mmで、材質が柘植の印鑑が吉相とされています。書体は、八方篆書体が吉。社印同様、太枠・細字の代表者印は会社の和・統率が取れず凶相。

法人銀行印

法人の銀行印ですが、実印(代表者印)との兼用は避け、専用の銀行印を使った方が吉。周囲(外側)に社名、内側に代表者名を入れた方が吉相ではある。ただ、だれが交代しても使えるように内側に「銀行之印」とするのも可。材質は柘植が良く、直径18mmが吉相。書体は、八方篆書体が吉。四隅が空白だと倒産・不渡りが多く凶相。

吉相印鑑・凶相印鑑のまとめ

社印の吉相・凶相社印を作成しようと思いますが、どんな社印が吉相?



実はまだ社名が決まっていないあなたへ

もし、この記事を読んでいる段階で「実はどの社名にしようか迷っている」とか「実はまだ社名ができていない」とお悩みの場合、専門家に社名の作成を任せてみるのは如何でしょうか?四柱推命や吉日登記、姓名判断を使った運の良い社名をお作り致します。

決して社名が良いからと言ってビジネスが必ず成功するかと言えば、そんなに甘くはありませんが、「できることは全部やりたい」「必ず事業を成功させたい」と強くお望みであれば、飛鳥宗佑がお手伝い致します。姓名判断と吉日登記を使った開運屋号・社名作成

既に社名が決まっている場合、姓名判断が気になる

既に社名が決まっている場合、一度姓名判断を受けてみませんか?この字を使った方が良いとか、こうした方が良いなどアドバイス致します。また、お望みであれば登記に良い日取りもご案内致しますので、ご相談ください。詳しくは、お問い合わせからお尋ね下さい。

その他おススメの記事

屋号名に使う画数は、何画にすべきか?
屋号名に使う画数は、何画にすべきか?これから屋号を作るあなた、画数が気になったりしませんか?よく、屋号名に使う画数は、総画数を六大吉数にすべしとか、〇〇画は製造業に向いてい...
あまり知られていない屋号名に姓名判断を使う場合の注意点新しく屋号名や社名を作る場合、姓名判断したりしていませんか?そこで、ネットの無料姓名判断サイトを使う場合もあるでしょう。今や検索すると沢...

ビジネスネームに興味ある方はこちらから

ABOUT ME
飛鳥 宗佑
飛鳥 宗佑
飛鳥宗佑は、姓名判断の専門家です。2014年9月11日から今まで私が作成してきた屋号・社名は全て続いています。(2020年1月1日現在)あなたに開運できる屋号名を作成致します。